ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

生存と屈服

 生存と屈服

生存と屈服

トマトは6メートルに急成長し、専門家はL. ロン ハバードの研究が「すべての園芸家にとって計り知れない意味のある発見」であることに同意しました。しかし、実際の話は遥かに大きなものでした。ハバード氏の存在の基本原則(生存せよ!)の再調査から、途方もなく多様な結果を伴う発見がありました。ここでは、究極の自由へと向かう個人の旅に直接関わる、基本的なポスチュレートについての新しい理解が示され、惑星規模のクリアリングのための扉が同時に開かれているのです。

続きを読む
購入する
¥1,900
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 生存と屈服

「生き続けるために人は、自分に後退りを強いているミステリーを見抜く必要があります。そしてそういったミステリーのうち最大のものとは、『私は生存するべきか? それとも屈服するべきか?
― L. ロン ハバード

イギリスのセントヒル荘にある自分の温室で、L. ロン ハバードは園芸の世界に心を傾けていました。トマトは6メートルに急成長し、キュウリはスイカと同じ大きさになり、専門家は彼の研究が「すべての園芸家にとって計り知れない意味のある発見」であることに同意しました。すぐに世界中の報道機関に取りざたされ、一面に広がる野菜に覆われた地で繰り広げられる、類いまれなドラマを思い起こさせるものでした。「植物は心配し、痛みを感じる。」とはいえ、彼らは全くわかっていなかったのです。

実際の話は遥かに大きく、その根源は遥かに深いものだったからです。ハバード氏は、存在の基本原則(生存せよ!)の再調査から発見したものをこう表現するように、「誰もがずっと知っていたというくらい、ばかばかしいほど単純」なものだったのです。それでも、これが途方もなく多様な結果の伴う発見であることに変わりはありません。ここでは、究極の自由へと向かう個人の旅に直接関わる、基本的なポスチュレートについての新しい理解が示され、惑星規模のクリアリングのための扉が同時に開かれているのです。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists