ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

混乱と基となるデータ

 混乱と基となるデータ

混乱と基となるデータ

人生に関して、L. ロン ハバードは混乱の構造を描き出し、基となるデータにはなぜ論理の道筋よりも遥かに価値があるのかを明らかにします。オーディティングに関して、オーディティング・ルームの中と外で、いつも決まってオーディターとプリ・クリアーの間で起こる現象を、混乱と基となるデータの点から理解することができます。この技術を知っている人は、オーディターとして、プリ・クリアーとして、そして人生において遥かに大きな成功へと踏み出すことができるのです。

続きを読む
購入する
¥1,900
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 混乱と基となるデータ

「これから、混乱と基となるデータについてお話ししたいと思います。それらは、心、世界、PC、オーディターに関して極めて重要なものです。」 ― L. ロン ハバード

ここには、ありとあらゆる混乱を解決する画期的な技術があります。ただし、新しい見地からのものです。これは人生とオーディティングの両方に当てはまる基となるデータだからです。

人生に関して、ハバードは混乱の構造を描き出し、基となるデータにはなぜ論理の道筋よりも遥かに価値があるのかを明らかにします。オーディティングに関して、オーディティング・ルームの中と外で、いつも決まってオーディターとプリ・クリアーの間で起こる現象を、混乱と基となるデータの点から理解することができます。この見地から観察すると、オーディティング、そしてオーディターとプリ・クリアーの関係は新しい意味を帯びてきます。というのも、これらの原理が、セッションを成功させる基礎となるものだからです。

ここには、存在の基本構造についての発見があります。これらの原理に気付いていようといまいと、それらは常に変わることなく働いています。この技術を知っている人は、とりわけその原因と理由を理解している人は、オーディターとして、プリ・クリアーとして、そして人生においていつでも遥かに大きな成功へと踏み出すことができるのです。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists