ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

理解不可能なものに対する理解について

 理解不可能なものに対する理解について

理解不可能なものに対する理解について

L. ロン ハバードは、ビーイングがチャート上で「ノーイングネス(知っている状態)」から「無理解」へと落ちていくことがどのようにトーン・スケールと対応しているのかをたどりながら、活気と理解力のある生命が、活気も生命もない物質とコミュニケートしようとしたり、理解しようとしたりするとどのような結末になるかを説明しています。サイエントロジー以前には、この螺旋状悪循環を逆転させることは不可能でした。しかし、彼が「不思議の中の不思議」と言ったように、人の自己決定力を回復させるプロセスは存在するのです。ここに、その罠の仕組み、そしてそこから抜け出る道を示すL. ロン ハバードの技術の背景が包括的に示されています。

続きを読む
購入する
¥1,900
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 理解不可能なものに対する理解について

「人生のミステリーおよび人生の秘密とは、生命は理解不可能であり得る何かにぶつかっているということです。そして、そこから抜け出す道とは、生命もまた、生きていながら理解しないでいられるという事実を認識することです。あなたは単に心を変えて、自分をその状態に置くことができ、すると、この代物を完全にデュプリケートするでしょう。」 ― L. ロン ハバード

サイエントロジーの数々の主要な発見を独自に関連付けるこの講演で、ハバードは個人のARCのレベルを「螺旋状に小さくなる理解のチャート」とも呼ばれる「人間評価のチャート」と関連付けます。ビーイングがチャート上で「ノーイングネス(知っている状態)」から「無理解」へと落ちていくことがどのようにトーン・スケールと対応しているのかをたどりながら、活気と理解力のある生命が、活気も生命もない物質とコミュニケートしようとしたり、理解しようとしたりするとどのような結末になるかを説明しています。これは原子物理学者のような人々を待ち受けている運命です。原子と電子の真っ只中で果てしなく起因点を探り続け、あまりにも深く無理解へと沈み込むことで、MESTを生命よりも上位に割り当ててしまうのです。

サイエントロジー以前には、この螺旋状悪循環を逆転させることは不可能でした。しかし、ハバードが「不思議の中の不思議」と言ったように、完全にMESTに依存するようになった後でさえ、人の自己決定力を回復させるプロセスは存在するのです。ここに、その罠の仕組み、そしてそこから抜け出る道を示すL. ロン ハバードの技術の背景が包括的に示されています。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists