ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

組織図と生存性

 組織図と生存性

組織図と生存性

組織図は、これまで人間が組織について理解していたものを超えるもので、生命そのものを包含し、目的を明確に表現し、メンバーひとりひとりの目的を一致させ、目的が相反するのを防ぐための自己修正機構を備えています…すべてがブリッジに沿っており、各課はグレード・チャートを昇る個人に直接一致した意識のレベルを表しています。これはL. ロン ハバードの伝説的な講演であり、「生命」そのものを組織化するパターンを明らかにしています。

続きを読む
購入する
¥1,900
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 組織図と生存性

「生存性は特定の進路に沿って進んでいき、目的によって推し進められ、そして行き着く場所があるのです。

それは、その経路内の障害物を取り除くこと、両端をしっかりと押さえておくこと、邪魔は無視すること、そして経路に沿って、その人の進みを強化し、さらに推し進めることによってほとんど成り立っています。それが人生であり、それがこの組織図なのです。」 ― L. ロン ハバード

時は1965年、場所はセントヒルでのことです。セントヒル特別集約コースが本格的に行われ、ハバード氏の調査によって、全く新しい水準の技術がもたらされました。つまり、ハバード氏は反応心の核心を発見し、その構造全体を描き出したのです。この大発見は、確実なクリアリングを達成するために、長い間探求されてきたものであり、結果的に「クリアリング・コース」と、すべてのビーイングがクリアリングを達成するための正確なステップを詳述した、初の「グレード・チャート」につながりました。

すべてのビーイングにとって、その業績は計り知れない意味を持っていましたが、さらにそこから拡張と惑星規模のクリアリングの達成に対する答えも明らかになりました。L. ロン ハバードが反応心の核心において発見したものは、目的と相反する目的、つまり人を逸脱させるために仕掛けられた罠でした。そして、グループや社会は個人の集まりにすぎないため、ここには逸脱したグループ、すなわち組織に対する答えも存在していました。それらの発見は非常に広範囲にわたるものだったため、ハバード氏が次に発表したものは、外でもない第3のダイナミックのためのグレード・チャート、「サイエントロジーの組織図」でした。

組織図は、これまで人間が組織について理解していたものを超えるもので、生命そのものを包含し、目的を明確に表現し、メンバーひとりひとりの目的を一致させ、目的が相反するのを防ぐための自己修正機構を備えています…すべてがブリッジに沿っており、各課はグレード・チャートを昇る個人に直接一致した意識のレベルを表しています。

これはL. ロン ハバードの伝説的な講演であり、「生命」そのものを組織化するパターンを明らかにしています。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists